シングテル、光海底ケーブル「Southeast Asia-Japan2 Cable (SJC2)」 で北アジア地域とのコネクティビティを強化

2018年3月15日、シンガポール発

シングテル、光海底ケーブル「Southeast Asia-Japan 2 Cable (SJC2)」 で北アジア地域とのコネクティビティを強化
2020年末、SJC2ケーブルが完成

シングテル(以下 Singtel)とSoutheast Asia-Japan 2 Cableコンソーシアム(以下 SJC2)は、シンガポール、タイ、カンボジア、ベトナム、香港、台湾、中国本土、韓国、日本を結ぶ高性能光海底ケーブルの建設を
日本電気株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役執行役員社長兼CEO: 新野 隆、以下 NEC)と締結しました。

約10,500キロメートルの光海底ケーブルは、アジア地域11拠点のケーブル陸揚局と接続し、2020年第4四半期までに完成する予定です。
SJC2は、China Mobile International(中国)、Chunghwa Telecom(台湾)、Chuan Wei(カンボジア)、Facebook(米国)、KDDI(日本)、Singtel(シンガポール)、SK Broadband(韓国)、VNPT(ベトナム)からなるコンソーシアムです。

ニュースリリース本文(英語)はこちら