シングテル、トラストウェーブのグローバルサイバーセキュリティ機能を統合し業界大手に

ニュースリリース

2018年12月35日、シカゴ、シンガポール、シドニー発 – 日本語抄訳(抜粋)

シングテル、トラストウェーブのグローバルサイバーセキュリティ機能を統合し業界大手に
– トラストウェーブ、業界で最も包括的なセキュリティ企業の一社となり、増大するサイバー脅威に対抗 –

シングテルは本日、シングテル、Optus、トラストウェーブ(Trustwave)、NCSのサイバーセキュリティに関わる機能、技術、リソースを、一つのグローバル・コーポレートアイデンティティ(CI)として統合し、Trustwaveブランドのもとで運営することを発表しました。この戦略によって、業界で最も包括的なグローバル・サイバーセキュリティ企業の一社となり、包括的なマネージドセキュリティサービス、コンサルティング、サイバー教育、最先端の技術を提供することで、世界中の組織が急激に進化している組織内外のサイバー脅威に対抗する支援をします。

ニュースリリース本文(英語)はこちら》