マネージドWAFはシングテル

マネージドWAFはシングテル

お客様の直面しているサイバーセキュリティの様々な課題に対し、シングテルがお手伝いさせて頂きます。

シングテルの提供するマネージドWAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)サービスは、世界に保有する9つのセキュリティオペレーションセンター(SOC)とSpiderLabsのセキュリティ専門集団による知識と経験を活用したマネージドセキュリティサービス(MSS)を提供することにより、お客様のWAFの運用を最適かつ効果的に支援します。

シングテルのマネージドWAFサービス

シングテルの提供するマネージドWAF(Web Application Firewall ウェブアプリケーションファイアウォール)は、下記の課題を解決します。

攻撃対象の傾向がWebサイトにシフト

  • 対応ができていないサイトが多数存在
  • SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング等といった影響が非常に大きい攻撃が多発

プログラミングの不完全さに起因する攻撃も増加

  • 脆弱性を考慮したセキュアプログラミングにはコストや作業スケジュールの観点から限界がある
  • 過去のプログラミングを修正する時間、人員が不足している

オープンシステムの利用の増加

  • OpenSSLやWordpressなどWeb上のオープンシステムの利用が増加
    脆弱性が露見しやすく、攻撃の的となりやすい

新たな脅威に対する準備

  • Gumblerを始めとする新たに発生するネットワーク脅威(ゼロデイ攻撃)への対策が必要とされている

特徴

  • 最も狙われやすいビジネス資産、つまり企業のWebアプリケーションの保護を簡略化
  • アプリケーションのセキュリティギャップをシームレスに修正し、進化し続ける脅威に適応できる柔軟なソリューション
  • 世界有数のセキュリティ・エキスパートを利用することにより、企業のセキュリティリソースをコスト効率よく拡張できる
  • SpiderLabsのインテリジェンスとノウハウを統合
  • 高い検出精度 – 運用コストの削減
  • 継続的適応性に優れた自動保護
  • 使いやすさと柔軟性

お客様へのメリット

  • 人的リソースの増員やナレッジの補完をすることなく、Webアプリケーションに対するセキュリティを向上可能
  • SOCの活用により、24時間365日の保護、イベントの監視/分析
  • 導入と管理はセキュリティエキスパートが代行
  • PCIコンプライアンス要件に対応
  • リアルタイムの詳細アラート、レポート作成機能、パフォーマンス分析機能を搭載したダッシュボードで運用の可視化が可能
  • シングテルが提供する他の MSSと統合(SEIM連携)

シングテルのマネージドセキュリティーサービスの強み

9つのグローバルSOCとTrustwaveのSpiderLabs(脅威に対する研究ラボ)が持つインテリジェンスを活用した、マネージドセキュリティサービスが提供可能です。

東京のSOCでは国内にデータを保持管理、ローカルサポート、日本語での対応を提供。この東京SOCはグローバルのSOCと連携しているため世界中の脅威情報を持ち、また世界の専門スタッフとも連携しております。

グローバルでの運用プラットフォームに より、24時間365日での解析やインシデント対応を費用効率の高く実現します。