マネージドセキュリティサービスは シングテル

マネージドセキュリティサービスは シングテル

シングテルはお客様の海外拠点のサイバーセキュリティ対策としてマネージドセキュリティサービス(MSS)を提供しております。
昨今、高まるセキュリティ脅威への対応は、グローバルな脅威情報と豊富なスキルを持った人員が必要不可欠となっております。
シングテルは、アジアを中心に海外展開を強化する日本企業向けに24時間365日対応可能なマネージドセキュリティサービスにて支援いたします。

お客様の海外拠点のためのサイバーセキュリティサービス

シングテルはお客様の海外拠点のサイバーセキュリティ対策に必要な次世代ファイアウォールなどのセキュリティ機器の調達から設定設置、保守運用、そして監視管理は子会社である米Trustwaveのマネージドセキュリティサービスまでを一体化して提供するソリューションをグローバルでご提供が可能です。

シングテルのサイバーセキュリティサービス

特徴

マネージドセキュリティサービス(MSS)

9つのグローバルSOCとSpiderLab(脅威に対する研究ラボ)が持つインテリジェンスを活用した、マネージドセキュリティサービスが提供可能です。

東京のASOCでは国内にデータを保持管理、ローカルサポート、日本語での対応を提供。この東京SOCはグローバルのSOCと連携しているため世界中の脅威情報を持ち、また世界の専門スタッフとも連携しております。

グローバルでの運用プラットフォームに より、24時間365日での解析やインシデント対応を費用効率の高く実現します。

統一された管理ポータル「TrustKeeper」

全てのサービスを統合されたカスタマーポータルから提供されます(電話窓口なども用意)。
お客様からはポータルを通じた24時間365日 変らないレベルのサポートを提供します。

ポータル機能

ポリシー変更

ポータル画像を通じた変更依頼、変更ステータスの確認、変更テスト実施

依頼、変更、通知

カスタマーコンタクト

ポータル画像を通じてサポート依頼
(Email/電話)

SSLで安全にセキュアな暗号化

モニタリング状況

各監視対象機器のステータスの確認

マネジメントレポート

各監視対象機器の監視結果に24h/365dでアクセス可能

スケジュール調整機能

診断の実施等お客様の都合に合わせたスケジュールの調整が可能に

インシデントレベル

脅威のレベル別の分類結果を可視することが出来る

   重要 :電話&メール
「高」:電話&メール
「中」:メール
「低」:メール

TrustwaveのSpiderLab(スパイダーラボ)

  • 応用研究とホワイトハッカーによって得られる脅威インテリジェンス

 

SpiderLabsチーム

  • ホワイトハッカーとサイバーセキュリティ研究分野の専門集団
  • 150人以上のエキスパートを17箇国に配備
  • 法執行機関、政府組織、軍向けサービスの経験者が在籍
  • 業界を代表する講演者や著作者

 

主な活動

  • 脆弱性診断
  • フォレンジック調査

サポート

自社製品のみでなく、日本国内で広く採用されているメジャーなセキュリティ製品をサポートします。
既にお客様環境内にインストールされている機器も、そのままマネージドサービスをお受けいただく事が可能です。

主な対応製品
カテゴリ Trustwave製 3rdParty製品
 次世代WEBプロキシ SecureWeb Gateway(Cloud)
SIEM Trustwave
SIEM(Cloud)
UTM Trustwave UTM FortiGate UTM
FW  – Palo Alto UTM
FortiGate
Cisco (ASA)
WAF Trustwave WAF
IPS Trustwave UTM(IPS Option) McAfee NSP
Cisco FirePOWER
ウィルス対策ホスト型IPS  TrendMicro
DeepSecurity

Global Security Report

Trustwaveの研究者が世界中から集めた統計と分析を集約してまとめており、侵害調査やインシデントレポート、脆弱性に関する調査、Trustwaveの製品やサービスの遠隔取得データを反映しています。またデータ侵害インシデント、脆弱性とエクスプロイト、Webプラットフォームへの攻撃のほか、Webやメール経由の脅威とその他の様々な重要かつ最新のセキュリティ事項に関する情報を提供しています。

Security Pressure Report

世界中の1,400 名を超えるIT セキュリティ担当者への調査に基づいた2016 年度のセキュリティ・プレッシャー・レポートでは、担当者が日頃挑んでいる戦いに価値ある背景説明を加えています。本レポートは年を追う毎に進化しており、質問によっては選択肢を追加しながら、今日のセキュリティのプレッシャーを最適に評価できる最新かつタイムリーな事項を含めています。そして本レポートの結論部分では、プレッシャーを軽減するための実用的な推奨事項も記載しています。