グローバルSD-WAN

PR動画です。日本語ボタン・Englishボタンで表示が切り替わります。

より多くのエンタープライズ・アプリケーションがグローバル化しクラウドに移行しているので、企業は複数にまたがるプライベートネットワークや海外のインターネットを結合させて、より複雑な国際ネットワーク環境に対応する必要があります。そのため、時間のかかる設定変更や、国際ネットワーク上の変化に対応できる柔軟なグローバルインフラ基盤の構築が必須となります。

シングテルのグローバルSD-WAN(Software-Defined Wide Area Network)サービスはViptela社が提供するSD-WANのテクノロジーを採用しております。シングテルのグローバルSD-WANサービスを利用することで、企業は複数にまたがる国内・海外ネットワークをシングテルがクラウドサービスとして提供するSDNコントローラを通じ、グローバルなオーバーレイネットワークを形成し、1つのグローバルWANとして集中管理することができます。

シングテルのグローバルSDーWANサービスについてさらに知りたい場合は、ファクトシートをダウンロードしてください。

SD-WANの利点

  • Viptela社の先進SD-WANテクノロジーを採用しています。
  • グローバル拠点に対してフルメッシュ型のオーバーレイネットワークを形成できます。
  • ゼロタッチプロビジョニングで新しい国内・海外拠点への接続が簡単に実現できます。
  • グローバルネットワークポリシー変更や展開を迅速に対応できます。
  • トラフィックが最も効率の良い回線を利用するのでWANの最適化が可能です。
  • アプリケーションレベルのポリシールーティングによる回線の有効活用が可能です。

SD-WANの特徴

SD-WANは最適なグローバル回線を選択し、ビジネスの必要な柔軟性に十分応えられる国際ネットワークの構築を実現します。

WAN最適化:グローバルアプリケーションやデータは要件に基づいて最も効率的な回線ルートを通り、最優先されるべきアプリケーションの必要な回線帯域にダイナミックに対応することができます。

ハイブリッドネットワークは柔軟な国際ネットワークを作り出すため、複数の回線種別(IP-VPN、インターネット、3G/4G)や海外に跨るグローバルネットワークに対してオーバーレイネットワークを形成することが可能です。

セキュリティ:IPsecを利用して、すべての海外拠点は個別のIPsecキーを保持せずに、シームレスにまた自動的に接続されることでグローバル単位でセキュリティを担保することが可能です。

すべてのグローバルWANを一元管理するために集中管理されたプラットフォームで、海外ネットワーク全体をより視覚化することができます。

柔軟なネットワーク:集中管理をしているので、企業はグローバルネットワーク要件の変化に対して大規模なポリシーの変更を展開できるなど柔軟に対応できます。

シングテルの強み

シングテルは日本でのワンストップグローバルネットワークサービスのプロバイダーとして、国際IP-VPNとインターネットのネットワーク保守運用管理などをサポートする日本語・英語対応のヘルプデスクを設けております。

シングテルのグローバルネットワークは4000人以上のグローバルICT専門スタッフにより支えられており、ネットワークのデザインのアドバイスを含めて費用対効果の高い信頼できるネットワークソルーションをご提供します。

シングテルはグローバルに展開可能なIP-VPNのバックボーンネットワークを運営しています。
200以上のPOPをもち、200以上の国々でのインターネットアクセスをご提供し、グローバルなカバレッジとシームレスな国際ネットワークを企業に提供しています。

シングテルのグローバルネットワークサービスは、グローバルで管理されたエンドツーエンド・ネットワークソリューションを用い、海外WANの展開におけるネットワークの要件を満たすために、豊富な接続オプションを企業にご提供します。

シングテルの国際ネットワークソリューションには、グローバルIP VPNや国際専用線、国際イーサネット専用線、グローバルインターネットなどが含まれています。

動作方法