株式会社アーレスティ 様

アーレスティ

 

 

自動車産業向けダイカストやフリーアクセスフロア用パネルなどを手掛ける株式会社(以下、アーレスティ)では、世界各地に設けた生産拠点をシングテルの国際IP-VPNサービスで接続。リアルタイムに世界中の「現場を知る」ことで、経営情報の一元管理や業務効率の向上、コストダウンなどを実現している。シングテルのサービスへと乗り換えた経緯や目的、効果について詳しく伺った。

ダイカスト製品をコアにグローバルトップをめざすアーレスティ

― アーレスティの事業概要を教えてください。

当社は1938年(昭和13年)の創業以来、75年にわたりアルミニウム合金地金、ダイカスト(Die Casting)製品の製造を手掛けてきました。現在では、自動車産業向けダイカスト製品の他にも、フリーアクセスフロア用パネルなどの製造にも取り組んでいます。
ダイカストという言葉はあまり馴染みがないかもしれませんが、高い寸法精度の鋳物を短時間に大量に生産できる鋳造製品で、エスカレーターステップなどをはじめ、自動車、オートバイ、産業用機械そして建築材料、 OA機器、日用品、カメラなどの構成部品として用いられています。
また、フリーアクセスフロア用パネルは1962年に国内で初めて開発したのが当社だと言われています。

― 「アーレスティ」という社名の由来について教えていただけますか。

当社の社名である「アーレスティ」は「RST」、すなわち「Research」「Service」「Technology」の3つの言葉を統合したものです。
「Research」は単に研究開発ではなく、どうしたらお客様のお役に立てるかという創意と探求、「Service」は製品の品質やアフターサービスだけではなくお客様とのすべての接点、そして「Technology」はこの「Research」と「Service」をささえる私たちの知識や技術・技能と考えています。

リアルタイムに世界中の「現場を知る」ために国際IP-VPNを活用

― シングテルの通信サービスをどのように利用しているのか教えてください。
日本と北米やアジアの生産拠点を、シングテルの国際IP-VPNを利用して接続しています。

― 国際IP-VPNを導入している目的を教えてください。

当社では、20年ほど前から海外に生産拠点を設けてきました。特にこの10年ぐらいは、アジア各地における製造拠点を積極的に展開しています。このような傾向は、当社だけに限ったことではないと思います。
そのような経営環境の変化の中で、国際IP-VPNを利用する目的は一言で言えば情報共有です。世界中の生産拠点をネットワークで接続してリアルタイムに「現場を知る」ことで、経営情報の一元管理や業務効率の向上、コストダウンなどをめざしています。

― 具体的には、どのような情報を共有しているのでしょうか。

現在は、ポータルサイトやファイルサーバによる情報の共有が中心となります。また、一部テレビ会議などにも利用しています。

アジアの拠点を強化していくのであれば、シングテルにはアドバンテージがある

永田氏― 国際IP-VPNを使い始めたのはいつ頃ですか。

本格的に国際WAN回線の利用を開始したのは、2000年代後半からです。当初は、SIベンダーが海外のキャリアと提携して提供しているサービスを利用していました。
シングテルのサービスを使い始めたのは2011年からになります。

― 国際IP-VPNをシングテルのサービスに変更した経緯を教えてください。

当時、表立った不満やトラブルがあったというわけではありませんでした。しかし、国際WAN回線のサービスを利用し始めてから年数も経っていたので、シングテルから提案を受けたのをきっかけにサービス内容や利用コストを見直してみることにしました。
通信サービスは日進月歩で進歩しているので、よりリーズナブルなサービスがあるかもしれないし、接続拠点を増やしたいという希望もあったので見直しをするのにはちょうどいいタイミングでもありました。実際に検討をしてみて、結果としてサービスを変えるメリットがなければ、そのまま当時利用していたサービスを使い続ければいいというぐらいの感覚でした。ところがシングテルの提案を検討してみると、当時支払っていた同等のコストで接続拠点をいくつか追加できる可能性があることがわかりました。
もちろん、ただ安いだけで通信品質が悪ければ意味が無いわけですが、シングテルはアジア最大規模の通信ベンダーであり、当社の取引先でもある自動車メーカーでも導入されているという実績もあると聞いていたので、安心して利用できると考えました。むしろアジアの拠点を強化していくのであれば、シングテルにはアドバンテージがあるとも考えました。

国内と現地、両方の保守サポートに期待

宮原氏 ― シングテルのサービスへと切り替える上で、要望したことや期待したことはありましたか。

コスト削減以外の部分で期待したのは、国内と現地、それぞれ保守サポートに関する事柄です。
まず国内に関しては、担当者が頻繁に変わるようなことがないようにお願いしました。担当者が変わると、これまでの状況や当社の考え方などをゼロから理解してもらうのに手間と時間がかかり、トラブル時に迅速な解決に向けた対応が難しくなる場合があるからです。
一方、現地でのサポートに関しては、何かトラブルがあっても日本からすぐに駆けつけることが難しいので、やはり気になるところです。その点に関してシングテルの場合は、国内の大手キャリアに比べて、むしろ日本よりアジアのほうが強いぐらいなので、現地サポートも問題無いと説明を受けました。

拡張予定とシングテルへの期待と要望

― 回線サービスを切り替えた効果について教えてください。

シングテルのサービスを利用するようになり接続する拠点が増えましたので単純な利用コスト比較はできませんが、通信キャリアの見直しをしなければ、現在と同じ条件で同じ数の拠点を接続できなかったかもしれません。また、同じ条件であればより多くのコストが掛かっていたと思います。
さらに国際WAN回線の場合は、トラブルの切り分けがとても難しいのですが、シングテルはキャリアらしい高度な対応をしてもらえるので安心してサービスを利用できます。たとえば、通信状況が悪い拠点があった場合でも、専門的なツールを使ってトラブルの要因を分析してくれたり、詳細な通信ログを見ながら状況を説明してもらえます。このような対応は、以前はあまり期待できませんでした。
もちろん何も問題がなく使えるのが一番ですが、国際WAN回線の場合は国内の通信網とはまったく事情が異なるので、一定のリスクを考え、何かあった場合でもいかに迅速に対応してもらえるかどうかという点が重要になります。
その点、シングテルは24時間365日体制での対応はもちろん、トラブル時だけでなく通常のちょっとした問い合わせなどにも迅速に応えてもらえるので、とても助かっています。

低コストでより多くの拠点を接続

― 今後の拡張予定などはありますでしょうか。

帯域などの関係から、現状では大容量の3D CADデータをやり取りすることは控えているのですが、今後はシングテルとも相談しながら大容量データも手軽にやり取りできるようにしていければと思います。
また、今回も一部ファイアウォールの設定をシングテルにお願いしましたが、通信回線の提供だけでなく、国際WANに関連するサービスや設定などもお願いできればと考えています。

― シングテルへの期待や要望などあればお聞かせください。

シングテルの対応は非常に高く評価しており、ある地域のネットワークは現地の通信会社と契約する予定だったのですが、シングテルにお願いすることで日本から一元的にコントロールできるようになりました。
引き続き、品質の高い回線サービスと迅速な対応を期待するとともに、グローバルな通信環境を得意とするキャリアとしての視点から、当社の経営資源の有効活用や業務効率化などにつながる提案を積極的にしてもらいたいと思います。

※取材日時 2012年2月